2010年 02月 17日 ( 1 )

こんなシュールさがたまんない

c0173670_1755247.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM)
な~らんだ~、な~らんだ~♪
首から下が地面にささった大根の列。
場所が場所だけに、大根というより...に見える。
不思議に見えるのは、背景のせい。
いや、地の果て独特の雰囲気のせいだ。
c0173670_17553874.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM)
これもなぁ。見てびっくりよ。
首だけじゃないよ、手も落ちてる。
このあたりの人たちの、このセンスがたまらない。
作りたくても、誰もが作れるものではない。
正確には、作る意図がないから
こんな凄い作品ができちゃうんだよね。
まあ、地の果ての日常を見て驚いている私が変なのか?!
c0173670_17563762.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM)
さて、昨日習ったことをここで紹介してしまうと、
EOS学園からクレームが来そうなので、さくっとだけね。
まずは気になる、撮影時のカメラの設定。

① ピクスタは、モノクロ初心者なら、「モノクロ」に
② WBはカラーと同じく正しく設定
③ 撮影はRAWで(jpeg不要)

最重要ポイントはヒストグラム。液晶でどんな画像に
なっていようが、ヒストグラムだけ信じて撮る。具体的には、
山が真ん中に来ていて、左右に余裕あり(白トビ、黒つぶれ)。
山の底辺の幅が広く、階調が再現できるペースを保つこと。
これはRAW撮影時の設定で、デジタルだからできることとか。

上の写真は受講以前に撮ったもの。意図して白を飛ばしている。
勉強して、もっと良い表現方法を考えてみたいと思った。

明日は、DPP現像でのフィルターのお話。

撮影場所: 地の果て
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
いつも応援ありがとうございます♪

[PR]
by orange-paprika | 2010-02-17 18:00 | ふれあい歩道