雪はどこに...

c0173670_1831513.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM) ハナナスの花
今朝は可愛い雪景色。よーく見ると、
密度が薄くて、ふわふわした軽い雪だった。
で、思わず傘で枝の雪をパタパタ叩きながら歩いた。
これが通勤途中にする大人の行動か?!
c0173670_1832867.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM) 植木にひっかかった鳥の毛
軽いものだから、風が吹くと、かたまりで空を舞う。
地面に7cmx2cmほどの四角い雪がぽたぽた落ちていた。
一体どこから落ちたのか。どうしてこの形なのか..すると
空から四角い雪が降ってきた。どうやら電線の上に積もった
雪が細かくカットされて落ちたらしい。変装用の太眉みたい。
c0173670_18323573.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM)
さて、「我慢できないこと」に↑がある。
見たら、撮らずにいられない。信号待ちにパチリ。
いい加減だね。こうした写真も、もっと力を入れると
楽しいものに仕上がると思う。面倒がっては駄目なのだ。
今日もカメラを出すのが面倒で、雪を撮り損ねたんだっけか。
傘で遊んでいる場合ではないのだ!
c0173670_22301525.jpg
Canon EOS 5D Mark II(EF100mm F2.8L IS USM)
それでは、お約束のDPPのフィルター効果のお話。
ピクスタをモノクロにすると、下のほうに「フィルター効果」と出てくる。そのバーを1段右にスライドさせるごとに
黄、オレンジ、赤、緑のフィルターをかけることができる。
フィルム時代のコントラスト・フィルターに当たるが、
デジタル現像ではコントラストは別に調整できるので
RAW現像では、明るさ調整に使ったりするらしい。
ちなみに、日本人の黄色みを帯びた肌は黄色系のフィルター
で明るくなるし、青空は赤系で濃く出るそうな。同系色は
明るく、反対色は暗く。コントラストやハイライト、シャドウ
とは変化の仕方が違うので、調整は大変そう。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
いつも応援ありがとうございます♪

[PR]
by orange-paprika | 2010-02-18 18:37 | 今日のつぶやき
<< 神父とルービックキューブ こんなシュールさがたまんない >>