わ芸はお好き?

c0173670_17151670.jpg
Canon EOS 7D(EF100mm F2.8L IS USM)
皆さんは落語はお好きだろうか。私は好き。
10代頃から落語放送、稼ぐようになってからは歌舞伎と
人形浄瑠璃に好んで足を運び、花は茶花に魅せられ、
ロイヤルファミリーがお稽古する流派に飛び込んだ事も。
(何と!お家元に電話したのだ)
まあ、そんな和もの好きで、突拍子もない変な娘だった。
c0173670_1795814.jpg
Canon EOS 7D(EF100mm F2.8L IS USM)
これらに通じるものは?多分、修行だね。理不尽、不合理、
我慢。師匠や先生が「これは赤」と言ったら、赤なのだ。
それが翌日青に変わっても、逆らってはいけない。
それでもついて行く理由はただひとつ、「芸」。
花だとセンスになるかな。
「人としてはねぇ。でも、あのセンスは他の先生にはない」
そう言って、みんな我慢するのだな。芸は盗むものなり。

「さっきは左足が先だったじゃないですか。その通りに
したのに今度は右が先だとおっしゃる。
どっちが正しいんですか!」

ば~か。こんな人には、お稽古事はできないのだ(笑)。
本当に大変なんだから。
c0173670_17105284.jpg
Canon EOS 7D(EF100mm F2.8L IS USM)
非常にチケットが取りづらいことで有名な立川談春さん。
それでも、地方の独演会は比較的取りやすい。
しかも日曜の夜は取りやすい。
志の輔さんのように平日の夜でも即完売になりたいと、
昨年の同じ高座で話していた談春さん。古典の談春さんと、
創作と個人的に小話が最高だと思う志の輔さん。
特に志の輔さんはまーず、チケットが取れない。
去年取れた田舎の独演会も今年は即刻完売で
取れなかった。くやし~~!
c0173670_17113623.jpg
Canon EOS 7D(EF100mm F2.8L IS USM)
立川談春独演会@新百合ヶ丘。前座が弟子の小春ちゃんによる
「天災」だった。何度もかんでしまったなぁ。
談春さんは、ながーい、国母つながりの時事ネタから入り、
女ってコワイなと思う、「紙入れ」、中入り後は十八番の
「厩火事」だった。いや~、見事だった。談春さんの髪結いの
おさきさんの話っぷりは、今思い出しても笑えてくる。何度も
聴いている人には、その日の調子で良し悪しを言うのだろう。
でも、私は、今回も十分楽しめた。古典の解釈?いやいや、
高座が楽しかったらいいの。
来年も来よう、もし、チケットが取れたらね。

撮影場所: 世界らん展@東京ドーム
にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
いつも応援ありがとうございます♪

[PR]
by orange-paprika | 2010-02-22 17:38 |
<< なかよし小道の猫事情 梅と桜と伊達巻ロールケーキ >>