lensbabyの遊び方

c0173670_14251036.jpg
Canon EOS 50D(Lensbaby Composer Zone Plate)
レンズベビーのOptic Swap Tool のゾーンプレートでの撮影。
昨日のプラスチックは光源の中央から放射状に光を
拡散させてぼかしていけれど、ゾーンプレートはどうかな。
絞り穴の直径は2~3mm。基本三脚撮影なのだと思う。
これは葉っぱと空の写真。明るい部分つまり空が
ボヤーっと縁取られてるのがわかるだうか。




c0173670_14252854.jpg
Canon EOS 50D(Lensbaby ComposerDouble Glass Aperture Disk F2.8)
こちらは基本のダブルグラス。
これまでのレンズベビーと同じレンズ。
レンズの蛇腹(前モデルまで)やボール(コンポーザー)を
傾けずに撮影すると、光源が絞りの形に合わせてべたに
輝く。プラスチックのように滲まないのだ。ハート型の
絞りを使えば、ハートがわんさか飛ぶ事になる。
c0173670_14254169.jpg
Canon EOS 50D(Lensbaby Composer Double Glass Aperture Disk F2.8)
レンズを傾けるとスピード感が出る。
絞りの形も変形する。例えばオルゴールのふたを開け、
♪の絞りで背景の光を飛ばすと、まるでオルゴールから
音楽が飛び出してくるようにできる。セッティングが
面倒だけど、ファンタジックな写真はいくらでも
撮れるという事。誰が撮って~~~!!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ <==今年もあと3日。応援のポチッをお願いしまーす♪
[PR]
by orange-paprika | 2008-12-28 14:45 | レンズベビー
<< 今年の表彰 Lensbabyとプラスチックな夜 >>